2006年01月07日

パブリックコメントへの提出意見(総論)

昨日知財本部に提出した意見について、ここで公開いたします。

==============================================
知的財産基本法の施行状況に対する意見
             by ロージナ茶会(http://grigori.jp

●総論

現在の状況を鑑みるに、知的財産基本法(以下「基本法」)の示す政策の両軸である、知的財産の「保護」と「活用」の二面について、保護面についての対策が著しく先行しており、基本法第8条で示される、活用面での対策がなおざりにされていることは、均衡を欠くものとして批判すべきところである。

すなわち、知的財産を商業利用し経済的利益を生ずる企業体の意向に沿った方向への進展は見られる。一方、基本法第8条2項に示される、知的財産を生み出す源泉である創作者本人の実質的な利益の増大のための施策や、基本法第10条に示される、これから創作者へと成長するだろう人を含む集団である利用者の便益を増すような施策は、未だしの感が強い。とくに、基本法第18条2項に示されているような、新しい知的財産の利用方法、あるいは利用方法の多様化に対応した「権利内容の見直し」が権利保護強化にのみ向いており、利用を促進するための権利調整の視点が欠如していることは、強く批判すべきところである。

また、基本法第20条において、基本法に沿って進められている施策の前提となる調査・統計を進め、さらに施策の評価を行うものとしている。しかしながら、ある施策が実行された結果、実行前と比較して効果(目的適合的効果)が生じたのか、また施策から生じた副作用(目的外に生じた損失、抑制的効果、負の外部効果、機会費用)についての評価、さらには、効果と副作用の比較衡量の基礎となる資料がそもそも不足している。計画 (Plan)、実施 (Do)、点検 (Check)、見直 (Act) という計画実行の循環的手順について考えるとき、点検を行うためには、実施の段階での効果測定が必須であり、その資料の公開を見た上でのみ、適切かつ客観的評価が可能となるのである。それゆえ、今回の意見募集において具体的提案ができないことも止む無しとする。

以上の総論をもとに、我々ロージナ茶会は、以下の点について、専ら著作権法分野について提案を行う。

●提案項目

(1) 知的財産基本法、および知的財産推進計画においての権利範囲について
(2) 知的財産推進計画において実施された施策の効果測定について
(3) 知的財産創造への投資促進策について
(4) 創作者本人への実質的利益増大への対処について
(5) 二次的著作の実態把握について
posted by grigori at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/255042

この記事へのトラックバック