2006年01月07日

パブリックコメントへの提出意見(2)

●知的財産推進計画において実施された施策の効果測定について

知的財産推進計画において、いかなる施策が実施されたかについては、各法律の改正状況等を見ることである程度把握することが可能であるが、完全な把握は難しい。知的財産戦略本部は、今回のパブリックコメントの際に、各計画についてどのような形で実施されているかを先んじて公開するべきであった。また、それら実施された施策について、どのような効果が得られているかを評価しうる程度の統計資料がまとめられ、公表されていなければならないはずだ。
続きを読む
posted by grigori at 15:27| Comment(1) | TrackBack(1) | 記事

パブリックコメントへの提出意見(1)

●知的財産基本法、および知的財産推進計画においての権利範囲について

基本法第2条1項、2項に見られる定義においては、著作権がそのまま含まれている。しかし、著作権は、他の諸権利と異なり、著作者人格権と著作財産権の二つの権利から構成されている。著作財産権については、経済的利益を目的としていることから、経済的評価になじみ、施策の計画、実施、点検、見直という計画実行手順を行いやすいといえる。一方、著作者人格権については、人格権という経済的評価になじまない価値と近い関係にあるために、創作者あるいは権利者の主観的価値判断が強く影響するため、計画実行手順を具体的に策定する場面において、評価基準を定めることが困難で、結果的に慎重な態度が要求されることになり、「保護」が先行し、「活用」に対して抑制的になる原因となっている。

続きを読む
posted by grigori at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

パブリックコメントへの提出意見(総論)

昨日知財本部に提出した意見について、ここで公開いたします。

==============================================
知的財産基本法の施行状況に対する意見
             by ロージナ茶会(http://grigori.jp

●総論

現在の状況を鑑みるに、知的財産基本法(以下「基本法」)の示す政策の両軸である、知的財産の「保護」と「活用」の二面について、保護面についての対策が著しく先行しており、基本法第8条で示される、活用面での対策がなおざりにされていることは、均衡を欠くものとして批判すべきところである。

すなわち、知的財産を商業利用し経済的利益を生ずる企業体の意向に沿った方向への進展は見られる。一方、基本法第8条2項に示される、知的財産を生み出す源泉である創作者本人の実質的な利益の増大のための施策や、基本法第10条に示される、これから創作者へと成長するだろう人を含む集団である利用者の便益を増すような施策は、未だしの感が強い。とくに、基本法第18条2項に示されているような、新しい知的財産の利用方法、あるいは利用方法の多様化に対応した「権利内容の見直し」が権利保護強化にのみ向いており、利用を促進するための権利調整の視点が欠如していることは、強く批判すべきところである。

続きを読む
posted by grigori at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事

2006年01月06日

知財本部パブリックコメント

知的財産戦略本部によって行われている「知的財産基本法の施行状況に対する意見募集」に対して、意見の提出を行いました。

意見の内容については今週末にも公開いたします。
なお、本意見募集は本日17時が締切とのことです。
posted by grigori at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンス

2005年12月18日

ロージナ茶会ブログ開設

ロージナ茶会の公式ブログを開設いたしました。

茶会の開催告知や、活動報告、関連記事掲載のお知らせなどを行う予定です。
posted by grigori at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アナウンス